Repair show

実際の鈑金修理・鈑金塗装の模様
実際の作業をご覧ください。

マツダRX-8の鈑金修理・鈑金塗装

repair_showimagerx800

(写真左)右フロントフェンダー損傷です。

repair_showimagerx801

フロントバンパーを脱着して、マイスターが丁寧に鈑金します。

repair_showimagerx802

鈑金作業が終わり、鈑金パテで凹凸をなくします。鈑金パテは薄く塗ります。

repair_showimagerx803

その後、サフェーサー(下地処理)です。

repair_showimagerx804

塗装工程に入ります。

repair_showimagerx805

サフェーサー(下地処理)を丁寧に、研ぎます。

repair_showimagerx806

そして、マスキング後塗装です。

repair_showimagerx807

塗装完了です。塗装ブースのおかげで、埃などのゴミは付きません。

repair_showimagerx808

ペイント乾燥後は、補機類の取付け作業です。

repair_showimagerx809

補機類取付け後、最終確認をするマイスター!

repair_showimagerx810

納車前の、洗車&室内清掃をしてお客様に納車です。

BMW318iの鈑金修理・鈑金塗装

repair_showimagebmw00

(写真左)右フロントフェンダー損傷です。

repair_showimagebmw01

フロントフェンダーの補機類を脱着します。

repair_showimagebmw02

鈑金職人が、きれいに叩き出します。

repair_showimagebmw03

鈑金作業が終わりました。

repair_showimagebmw04

鈑金パテを付けています。薄く塗ります。

repair_showimagebmw05

鈑金パテを擦ります。

repair_showimagebmw06

鈑金終了です。

repair_showimagebmw07

サフェーサーを塗装する前に、すべての凹凸を削ります。

repair_showimagebmw08

サーフェーサーを塗装します。
この下地処理が一番大事です。

repair_showimagebmw09

サフェーサーが乾いたら、塗装に入ります。その為に滑らかに研ぎます。

repair_showimagebmw10

綺麗にマスキングをして、塗装です。

repair_showimagebmw11
repair_showimagebmw12

その後は、クリア塗装です。

日産セフィーロの鈑金修理・鈑金塗装

cefilo00

左リアフェンダーからトランクパネル、リアバンパーを大きく損傷したボディ
この状態から鈑金で修理・塗装します。

cefilo01

鈑金マイスターがあて板などを使いリヤフェンダーを叩き出します。腕の見せ所

cefilo02

パネルが破けてしまっているので、溶接します。

cefilo03

トランクパネルとリヤフェンダーの建付けです。

cefilo04

テールランプを付けてフェンダーの形を整えます。
合わなければあて板を使い叩いて微調整します。

cefilo05

塗装ブースにて、塗装マイスターが塗装

cefilo06

塗装後、塗装面が乾燥したら終わりではありません。どうしても小さいほこりが付いています。このような特殊工具でホコリを研いでいきます。

cefilo07

研ぎすぎると下地が出る場合がありますので塗装マイスターの長年の技のみせどころです。絶妙な力加減が必要です。

cwfilo08

バフ掛けです。
この次の作業で艶を出します。

repair_showimagecefilo09

完成
リヤバンパーやテールランプなどの補機類を取り付けて完成です。